10キロ痩せるダイエットの秘訣TOP > 脂肪燃焼ダイエットで痩せよう! > 10キロ痩せるには?ポイントと注意点

10キロ痩せるには、どうすればいい?

10キロ痩せるには、どうすればいいのでしょうか?ただし、ここでは1年間で10キロということを想定して、解説していきます。

当サイトの随所で強調していることですが、短期間で、たとえば1ヶ月で10キロ痩せるダイエットは、危険であり、オススメできません。間違いなく健康を損ない、リバウンド必至だからです。

でも同じ10キロで痩せる方法であっても、1年間ということであれば、話は違ってきます。この場合なら、1ヶ月にだいたい1キロ弱痩せれば、よいことになります。これなら月経周期を持っている女性であっても、無理なく達成できそうですよね?

1年後に確実に10キロ痩せるには、まずは、しっかりと食事を摂ることから始めます。今まで朝食を抜いていた人は、しっかり食べるようにしましょう。なぜなら昨日の晩から、何も食べていないので、体内のグリコーゲンが残り少なくなっているからです。筋肉内のグリコーゲンはありますが、肝臓のほうが少ない状態なのです。

これは低血糖を意味します。もしも底をつきそうになると、あなたの筋肉を分解して、糖新生してしまいます。そうなると朝食を食べない午前中に、どんどん筋肉が減っていって、基礎代謝が少ない体になってしまうことに。

10キロ痩せるには、こういった筋肉の分解を阻止することが第一です。女性の場合は、男性ホルモンのテストステロンの分泌が、男性の約20分の1程度となっています。これを言い換えると、男性のように筋肉をつけるには、男性の20倍の努力が必要ということです。

女性の場合、いったん筋肉が失われると、それを再度つけることは容易なことではないわけです。ですから、できるだけ筋肉を減らさないようなダイエットをしていくことが大切なのです。しかし世の中の多くの女性は、このことを、あまり意識していません。これこそがダイエット失敗の落とし穴なのです。

10キロ痩せるには、何をしなくても、まずはしっかり食べることです。その理由は、筋肉をつぶさないためということのほかに、体を飢餓状態に置かないためでもあります。

体が飢餓状態になると、脂肪を蓄えやすくなるため、いくら食事制限をしても脂肪が減っていかなくなります。むしろ、その食事制限をしているからこそ、体が飢餓状態になって、脂肪を蓄積しやすくなるわけです。そうなると脂肪燃焼ダイエット運動といわれる有酸素運動をいくら頑張っても、一向に脂肪が減少していかなくなります。

このようなダイエットを続けていると、とうてい1年後に10キロの減量に成功することはできません。

あなたが今、正しいダイエットをしているかは、1ヶ月ごとにチェックしましょう。もしも正しいダイエットをしているなら、1ヶ月で1キロの減量に成功するはずです。もしも間違ったやり方なら、かえって脂肪を蓄えることになります。この場合、体重計よりも体脂肪計で判定するとよいかもしれません。体重が減っていたとしても、筋肉が減っていることがあるからです。体脂肪率こそ、あなたが注目すべき数値なのです。

1年で10キロ痩せるには、以上のように、まずは1日3食をしっかり食べることを意識することから始めましょう。とくに朝食はもっとも大事です。要は食事同士の間隔を空けすぎないことが大事なのです。これは体を飢餓状態に置かないためです。

でも、食べ過ぎては元も子もないので、時間をかけて、よく噛んで食べれば、食欲を抑制できます。セロトニンやヒスタミン、レプチンなどが働いて、満腹中枢を満足させるからです。

1年で10キロ痩せるには、このようなダイエットの食事法を基盤として、適度に筋トレや有酸素運動を積み重ねていくことがポイントになります。何を差し置いても、まずはしっかりと食べることが大事なのです。